ヴィトックスαの副作用【健康被害や安全性は?】

ヴィトックス副作用

 

ヴィトックスαに副作用があるのか??

 

サプリや薬を試す前に一番心配なのは副作用かと思います。

 

僕自身も、ヴィトックスαを購入する前に片っ端から副作用について調べました。

 

手術では、けっこう失敗などがあるようですが、サプリでも健康被害などはあるのか?安全性は大丈夫なのか?

 

詳しく調べてみました。

 

しかし、ヴィトックスにしてもゼファルリンにしても、用法・用量を守っておけば、副作用は心配ないようです。

 

僕自身、ヴィトックスαとゼファルリンの両方を5ヵ月ずつ飲みましたが、副作用はありませんでした。

 

副作用といえば、吐き気、下痢、腹痛、肌荒れ、眠気、胃のもたれなどありますが、一度もそのようなことはありませんでした。

 

ヴィトックスやゼファルリンなどのサプリメントは医薬品とは違います。

 

医薬品などの薬は病気を治すために体に含まれていない成分や強い成分も含まれていて、時には副作用も起きます。

 

強い薬を飲むと、胃が痛くなったりしますよね?あれも副作用ですし、眠気がくるのも副作用です。

 

しかし、サプリメントは病気を治すためのものではありません。

 

栄養を補って、体の内側から徐々に改善させていくものです。

 

成分を見ても、体に含まれているような自然な成分からできています。

 

なので、効果が薬ほど強くないのと同時に、副作用も起きないものがほとんどです。

 

ただし、飲み過ぎはよくない!

 

ヴィトックス副作用

 

飲み過ぎ、過剰摂取は体を悪くする危険があります。

 

説明書があって、ヴィトックスの場合は1日3錠までという決まりがあります。

 

ゼファルリンの場合はカプセル2錠、錠剤2錠の計4錠という決まりがあります。

 

効果を高めたいからといってサプリの飲む量を増やすと、それこそ安全性に問題が出てきます。

 

僕自身ヴィトックスで増大できましたが、サプリは1日1錠しか飲んでいません。

 

だから、もしあなたがサプリを実践するなら、かならず用法・用量は守るようにしましょう。

 

決まりを破って、たくさん飲んだからといって、いいことはないかと思います。